Azure VM Backup でリストアする際に利用するステージングの場所として利用するストレージ アカウントについて

Last Update: feedback 共有

こんにちは、Azure Backup サポートの山本です。
今回は、Azure VM Backup でリストアする際に利用するステージングの場所として利用するストレージ アカウントについて、下記の通りお伝えします。

目次


1. 公開情報 (Docs)
2. 利用できるストレージ アカウント
3. リストアされた後にストレージ アカウントに残るファイルについて
4. 参考画面ショット


1. 公開情報 (Docs)

まず最初に、本件に関する Docs は下記でございます。
・ストレージ アカウント- Azure portal で Azure VM データを復元する方法
https://learn.microsoft.com/ja-jp/azure/backup/backup-azure-arm-restore-vms#storage-accounts

抜粋:”Vault-Standard 復元ポイントからマネージド VM のディスクを復元するときに、マネージド ディスクと Azure Resource Manager (ARM) テンプレートが、ステージング場所にあるディスクの VHD ファイルと共に復元されます。 インスタント復元ポイントからディスクを復元する場合、マネージド ディスクと ARM テンプレートのみが復元されます。”

抜粋:リージョン間復元では、 ステージング場所 (ストレージ アカウントの場所) は、Recovery Services コンテナーが セカンダリ リージョンとして扱うリージョンに存在する必要があります。 たとえば、Recovery Services コンテナーは米国東部 2 リージョンにあります (geo 冗長性とリージョン間復元が有効になっています)。 これは、セカンダリ リージョンは米国中部であることを意味します。 そのため、VM のリージョン間復元を行なうには、米国中部でストレージ アカウントを作成する必要があります。
すべての地域の Azure リージョン間レプリケーションのペアリングに関する記事をご覧ください。

2. 利用できるストレージ アカウント

選択できるストレージ アカウントは下記の条件を満たすものです。
・サブスクリプション内およびコンテナーと同じリージョンにある
・ZRS 以外の冗長性(LRS・GRS)
・アフィニティ グループにアタッチされていない
・Premium Storage アカウントではない
・ネットワーク制限付きストレージ アカウントではない

3.リストアされた後にストレージ アカウントに残るファイルについて

マネージドディスクの Azure VM の復元が完了しますと対象のストレージ アカウントの中に下記のファイルが残ります。
下記の通り、ストレージ アカウントにファイルが残るかおよび、どのファイルが残るかはリストア シナリオによって異なります。

# リストアシナリオ ステージングのストレージ アカウントに残るファイル
Recovery Services コンテナー (vault-standrd) 層からのリストア
1 新規 VM 作成 無し
2 ディスクの復元 VHD ファイルと json ファイル
3 既存の置換え VHD ファイル
スナップショット 層からのリストア(インスタントリストア)
4 新規 VM 作成 無し
5 ディスクの復元 json ファイル
6 既存の置換え 無し
クロスリージョン リストア
7 新規 VM 作成 無し
8 ディスクの復元 VHD ファイルと json ファイル

これらのファイルはリストア後自動では削除されませんが、手動で削除することが可能です。

4.参考画面ショット

VM 名:VM-RHEL-PE という Azure VM (OS ディスク 1 つ、データディスク 2 つ) を (2) の既存の置換えにてリストアしたあとのストレージ アカウントです。

コンテナー名:
vmrhelpe-51f2bd236a2e479a95cfc2bdd53b986c
上記の通り、Azure VM 名にランダムな文字列のコンテナー名のコンテナーが作成されます。

VHD:
vmrhelpe-datadisk-000-20220319-233028.vhd
vmrhelpe-datadisk-001-20220319-233028.vhd
vmrhelpe-osdisk-20220319-233028.vhd
上記の通り、Azure VM 名にディスク種別および LUN 番号リストア日時 (UTC表記) が付加された vhd ファイルが作成されます。

※本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。